生物教材研究 : 潮汐周期に伴う活動の観察I : マツバガイの帰家行動

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/214
FullText URL
DOI
Language
jpn
Set
和歌山大学
Journal Title
和歌山大学教育学部教育実践研究指導センター紀要
NCID
AA11198765
Volume
7
Order
23
Start Page
179
End Page
184
Published Date
1997-08-24
Title
生物教材研究 : 潮汐周期に伴う活動の観察I : マツバガイの帰家行動
Title Transcription
Title Alternative
Study on Biology Teaching Materials Observation of Activity Pattern during Tidal Cycle I : Homing Habit of the Limpet, Cellana nigrolineata
Authors
著者 溝口 和子
チョシャ ミゾグチ カズコ
Author MIZOGUCHI Kazuko
所属
Affiliate
著者 岩田 勝哉
チョシャ イワタ カツヤ
Author IWATA Katsuya
所属
Affiliate
著者 宮本 典子
チョシャ ミヤモト フミコ
Author MIYAMOTO Fumiko
所属
Affiliate
著者 広瀬 正紀
チョシャ ヒロセ マサキ
Author HIROSE Masaki
所属
Affiliate
Keywords
マツバガイ
帰家行動
潮汐周期
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Docuemnt Type Alternative
Research Paper
Abstract

潮間帯の生物は,潮汐周期に伴う活動を示すものが多く,磯の岩場などに生息する笠貝の仲間も潮の満ち引きに伴って活動する。彼等の多くは「家」を持ち,動き回った後は自分の「家」に帰りつく,帰家行動とよばれる非常に面白い行動をとる。こういった行動の観察を中学・高等学校での課外活動などにとりいれることができるか,またその際の留意点などを,笠貝の一種,マツバガイについて,若干の実地調査に基づいて検討した。

Text Version
publisher
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved