中大連携の効果とあり方に関する一考察 : 伏虎中学校の閉校にかかる中学生と和歌山大学生との協働的実践を事例に

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/2916
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
観光学
NCID
AA12438820
17
並び順
04
開始ページ
35
終了ページ
46
発行日
2017-09-08
標題(和)
中大連携の効果とあり方に関する一考察 : 伏虎中学校の閉校にかかる中学生と和歌山大学生との協働的実践を事例に
標題(ヨミ)
標題(欧)
Impacts of University-Junior High School Partnership: A Case Study of Closing Ceremony of Fukko Junior High School
作成者
著者 上野山 裕士
チョシャ ウエノヤマ ユウジ
Author Uenoyama Yuji
所属 和歌山大学観光学部
Affiliate Faculty of Tourism, Wakayama University
著者 永瀬 節治
チョシャ ナガセ セツジ
Author Nagase Setsuji
所属 和歌山大学観光学部
Affiliate Faculty of Tourism, Wakayama University
キーワード(和)
世代間交流
中大連携
協働
地域インターンシッププログラム
アクティブ・ラーニング
PBL
キーワード(欧)
Intergenerational Exchang
University-Junior High School Partnership
Collaboration
Local Internship Program
Active Learning
PBL (Problem/Project Based Learning)
資料タイプ
紀要論文
抄録(欧)

This paper examines impacts through university-junior high school partnership with theoretical study of intergenerational communication as well as a case study at Fukko junior high school in Wakayama. This study has applied two methods: questionnaire research for junior high school and university students, and participant observation research. As a result, it reveals the features of the university-junior high school partnership and common points with intergenerational communication.

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved