ドイツにおける現代ツーリズム生成期の状況 : ライン川ツーリズムを中心に

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3245
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
和歌山大学経済学会研究年報
ISSN
1880490X
NCID
AA1205610X
21
並び順
03
開始ページ
53
終了ページ
70
発行日
2017-09-30
標題(和)
ドイツにおける現代ツーリズム生成期の状況 : ライン川ツーリズムを中心に
標題(ヨミ)
標題(欧)
Beginning of Modern Tourism in Germany : Focusing on Rhineland Tourism
作成者
著者 大橋 昭一
チョシャ オオハシ ショウイチ
Author OHASHI Shoichi
所属 和歌山大学名誉教授
Affiliate Professor Emeritus, Wakayama University
キーワード(和)
現代ツーリズム
ドイツナショナリズム
ライン川地帯
キーワード(欧)
modern tourism in Germany
German nationalism
Rhineland
資料タイプ
紀要論文
抄録(欧)

Modern tourism in Germany developed with a focus on the Rhineland, which was a symbol of German nationalism and indeed had been occupied by the Allied Forces after World War I. This paper surveys this process from the viewpoint of tourism and argues that Rhineland tourism has been encouraged by this kind of nationalism seeking the benefit of the country. The same can be said about the campaign to increase the number of foreign tourists in Japan today.

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved