生活に広く利用されている有機化合物(糖)を用いた指導および教材開発(I)

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3279
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
和歌山大学教育学部紀要. 自然科学
ISSN
13424645
NCID
AN00257977
68
1
並び順
09
開始ページ
47
終了ページ
50
発行日
2018-01-31
標題(和)
生活に広く利用されている有機化合物(糖)を用いた指導および教材開発(I)
標題(ヨミ)
標題(欧)
Development of Educational Material(I) Utilizing Widely Used Organic Compound(Carbohydrate)
作成者
著者 山口 真範
チョシャ ヤマグチ マサノリ
Author YAMAGUCHI Masanori
所属 和歌山大学教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
著者 神田 和香子
チョシャ カンダ ワカコ
Author KANDA Wakako
所属 和歌山大学教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
資料タイプ
紀要論文
抄録(和)

糖は我々の生活に密接にかかわっている物質のひとつである。ヒトの脳細胞は単糖のひとつであるグルコースを唯一の栄養源とし、生命活動を維持するためには必須の化合物といえる。小学校理科から高等学校理科において学習される糖を念頭に置き、生徒の理解が深まる指導法および教材開発を行った。

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved