情報通信機器を活用した映像視聴がやり投げ競技のパフォーマンスに及ぼす影響について

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3289
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
和歌山大学教育学部紀要. 人文科学
ISSN
1342582X
NCID
AN00257999
68
1
並び順
04
開始ページ
103
終了ページ
108
発行日
2018-01-31
標題(和)
情報通信機器を活用した映像視聴がやり投げ競技のパフォーマンスに及ぼす影響について
標題(ヨミ)
標題(欧)
The Effect of the Picture Seeing and Hearing, Utilizing Information and Communication Technology in the Performance of the Javelin Competition
作成者
著者 本山 光
チョシャ モトヤマ ヒカル
Author MOTOYAMA Hikaru
所属 和歌山大学教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
著者 矢野 勝
チョシャ ヤノ スグル
Author YANO Suguru
所属 和歌山大学教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
著者 本山 貢
チョシャ モトヤマ ミツギ
Author MOTOYAMA Mitsugi
所属 和歌山大学教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
著者 本山 司
チョシャ モトヤマ ツカサ
Author MOTOYAMA Tsukasa
所属 東亜大学
Affiliate University of East Asia
キーワード(和)
情報通信機器
やり投げ
映像視聴
パフォーマンス
資料タイプ
紀要論文
抄録(和)

本研究は、投動作の映像視聴によって記録や技術などのパフォーンスにどのような影響を及ぼすのかについて明らかにすることを目的とした。その結果、動画を視聴することの有効性を確認することができたこと、その上、最も効果的であるのはトレーニング直前に動画視聴することでイメージを高めることが記録の向上と動作の改善率を高くし、短期間で高いパフォーマンスの改善が認められる可能性が考えられた。また通信情報機器の活用は、トレーニング効率を高める方法として有用であることが考えられた。

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved