「貧困克服」のためのサスティナブルツーリズム論 : プロプアーツーリズム論の進展

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3355
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
観光学
ISSN
21852332
NCID
AA12438820
18
並び順
02
開始ページ
11
終了ページ
21
発行日
2018-03-09
標題(和)
「貧困克服」のためのサスティナブルツーリズム論 : プロプアーツーリズム論の進展
標題(ヨミ)
標題(欧)
Sustainable Tourism for Poverty Eradication : Progress of Theories on Pro-poor Tourism
作成者
著者 大橋 昭一
チョシャ オオハシ ショウイチ
Author Ohashi Shoichi
所属 和歌山大学国際観光学研究センター
Affiliate Center for Tourism Research, Wakayama University
キーワード(和)
プロプアーツーリズム
サスティナブル・ディベロップメント
サスティナブルツーリズム
キーワード(欧)
pro-poor tourism
sustainable development
sustainable tourism
資料タイプ
紀要論文
抄録(欧)

Theoretical development of pro-poor tourism, conceptualized as a part of sustainable tourism but differentiated from community-based tourism, is in progress today. This paper surveys this development, arguing that in these theories no attempt has been made to investigate the fundamental cause of poverty in today’s society, but nonetheless this recent claim for pro-poor orientation of tourism is significant, given that world poverty remains persistent.

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved