紀伊半島大水害後の住宅再建に関する一考察 : 新宮市旧熊野川町を事例として

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3374
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
和歌山大学災害科学教育研究センター研究報告
ISSN
2432762X
NCID
AA12781991
2
並び順
03
開始ページ
21
終了ページ
28
発行日
2018-03-01
標題(和)
紀伊半島大水害後の住宅再建に関する一考察 : 新宮市旧熊野川町を事例として
標題(ヨミ)
標題(欧)
A STUDY ON A HOUSING RECONSTRUCTION AFTER THE KII PENINSULA FLOOD DISASTER : A CASE STUDY OF SINGU CITY KUMANOGAWA
作成者
著者 冨永 哲雄
チョシャ トミナガ テツオ
Author TOMINAGA Tetsuo
所属 和歌山大学COC+推進室
Affiliate COC+ Promotion Office, Wakayama University
キーワード(和)
紀伊半島大水害
住宅再建
豪雨災害
新宮市
資料タイプ
紀要論文
抄録(和)

日本では毎年台風が接近し,大雨による土砂崩れや洪水など大きな災害を引き起こし,人的被害や浸水などの住家被害につながっている.これら被災者の住宅再建への支援は1995年の阪神・淡路大地震をきっかけに「被災者生活再建支援法」が制定され,被害額に応じた給付が行われている.本研究は,2011年9月2日から5日にかけて発生した紀伊半島大水害の被災地である,和歌山県新宮市旧熊野川町を対象地域に設定し,被災者の住宅再建の過程に着目し,今後おこりうる豪雨災害に対する課題について論じたものである.その結果,住宅再建に至るまでの期間は被害認定(全壊,大規模半壊,半壊など)によって住宅再建の違いが見られなかったものの,再建費用の面において「半壊」の認定を受けた被災者に対する支援制度の薄さが明らかとなった.

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved