絵本「かんじゃサヨのいた村 : 阿テ河荘物語」(よみきかせ)

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3381
フルテキストURL
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
標題(和)
絵本「かんじゃサヨのいた村 : 阿テ河荘物語」(よみきかせ)
標題(ヨミ)
作成者
著者 海津 一朗
チョシャ カイヅ イチロウ
Author KAIZU Ichiro
所属 和歌山大学教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
資料タイプ
教材
抄録(和)

小中高の歴史教科書に掲載される有田川町の阿テ河荘について、蘭島の重要文化的景観指定の研究成果を踏まえて叙述した作品(原作海津一朗・作画古久保綾子・協力松田憲幸)。地頭の暴虐や農民の一揆のみが取り上げられる教科書記述に対して、中世人の自然観(徳政)や自然災害、宗教権力としての湯浅党など社会史・地域史の成果を大胆に組み込んで、全く新しい歴史像を提示した。絵本自体は2011年の入選作品だが、2018年「固定観念をうちやぶる教育実践の試み」という松田憲幸研究室との連携過程でよみきかせが制作された。
(この絵本は2011年第1回有田川町絵本フェスタの入選作品である。)

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved