次期学習指導要領に示された国語科の方向性と授業の改善

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3387
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究
ISSN
2432678X
NCID
AA12779311
2
並び順
04
開始ページ
19
終了ページ
27
発行日
2018-03-23
標題(和)
次期学習指導要領に示された国語科の方向性と授業の改善
標題(ヨミ)
標題(欧)
The directionality shown in the next course of study and the improvements of Japanese language classes
作成者
著者 須佐 宏
チョシャ スサ ヒロシ
Author SUSA Hiroshi
所属 和歌山大学大学院教育学研究科教職開発専攻
Affiliate Graduate School of Teacher Education, Course Specializing in Professional Development in Education, Wakayama University
著者 西浦 民子
チョシャ ニシウラ タミコ
Author NISHIURA Tamiko
所属 和歌山大学大学院教育学研究科教職開発専攻
Affiliate Graduate School of Teacher Education, Course Specializing in Professional Development in Education, Wakayama University
キーワード(和)
次期学習指導要領
国語科
授業づくり
複式学級
複式国語
資料タイプ
紀要論文
抄録(和)

平成32年度から完全実施となる次期学習指導要領が、平成29年3月に公示されたことを受け、学校現場では、周知徹底の動きが今後加速していくこととなる。今回の改訂では、国語科が「国語で正確に理解し、適切に表現する言語能力を育成する教科」であることが改めて示された。今回の改訂によって、今後求められる国語科の授業づくりのポイントとして7 つの視点を挙げた。また、既に研究が進められてきている複式学級における国語科授業の在り方からもこれからの授業づくりのヒントを見出すことができる。

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved