小学校理科における観察・実験の実際と課題

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3390
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究
ISSN
2432678X
NCID
AA12779311
2
並び順
07
開始ページ
47
終了ページ
51
発行日
2018-03-23
標題(和)
小学校理科における観察・実験の実際と課題
標題(ヨミ)
標題(欧)
The practices and problems about the making observations and experiments in science lessons at elementary school
作成者
著者 中山 眞弘
チョシャ ナカヤマ マサヒロ
Author NAKAYAMA Masahiro
所属 和歌山大学大学院教育学研究科教職開発専攻
Affiliate Graduate School of Teacher Education, Course Specializing in Professional Development in Education, Wakayama University
著者 宮橋 小百合
チョシャ ミヤハシ サユリ
Author MIYAHASHI Sayuri
所属 和歌山大学大学院教育学研究科教職開発専攻
Affiliate Graduate School of Teacher Education, Course Specializing in Professional Development in Education, Wakayama University
キーワード(和)
小学校
理科
観察・実験
全国学力・学習状況調査
初任者研修履修証明プログラム
資料タイプ
紀要論文
抄録(和)

TIMSS2015の調査結果で、日本の子どもたちが理科を学ぶことに対する意義や有用性について課題のあることが露呈した。この要因の一つに小学校での理科教育の現状があげられるであろう。そこで、小論では和歌山県の全国学力・学習状況調査の結果から見いだされる小学校理科教育の課題や本学が実施している初任者研修履修証明プログラムを受講している初任者が抱える理科教育に対する課題を見いだし、小学校理科における観察・実験の重要性について論述する。

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved