スタートカリキュラムとしての生活科教育の充実のための課題 : 2017年改訂学習指導要領の検討を通して

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3401
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究
ISSN
2432678X
NCID
AA12779311
2
並び順
18
開始ページ
135
終了ページ
141
発行日
2018-03-23
標題(和)
スタートカリキュラムとしての生活科教育の充実のための課題 : 2017年改訂学習指導要領の検討を通して
標題(ヨミ)
標題(欧)
Problems for the enhancement of life and science education as a start curriculum : Through critical review of the revised course of study in 2017
作成者
著者 岩野 清美
チョシャ イワノ キヨミ
Author IWANO Kiyomi
所属 和歌山大学教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
著者 西端 幸信
チョシャ ニシバタ ユキノブ
Author NISHIBATA Yukinobu
所属 和歌山大学教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
キーワード(和)
生活科
スタートカリキュラム
自覚的な学び
資料タイプ
紀要論文
抄録(和)

2017年に発表された小学校新学習指導要領で生活科は、幼児教育での学びを小学校教育につなぐ、スタートカリキュラムの中心となることが求められた。幼児教育と比較した小学校教育の特質は「自覚的な学び」であるとされる。本稿では、指導要領を批判的に検討しその課題を明らかにしたうえで、現行の生活科教科書における問いに着目し、生活科がスタートカリキュラムとしてその役割を果たすために検討すべき課題について、①問いの質、②学習活動の見通し、③学習活動の選択の3点から明らかにした。

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved