小学校6年間の系統立てた障害理解教育の一提案 : 2つの道徳授業の実践を通して

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3404
FullText URL
DOI
Language
jpn
Set
和歌山大学
Journal Title
和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究
ISSN
2432678X
NCID
AA12779311
Volume
2
Order
21
Start Page
159
End Page
167
Published Date
2018-03-23
Title
小学校6年間の系統立てた障害理解教育の一提案 : 2つの道徳授業の実践を通して
Title Transcription
Title Alternative
A proposal for the implementation of a proposal of plan for special needs understanding education in elementary school
Authors
著者 加藤 充子
チョシャ カトウ アツコ
Author KATO Atsuko
所属 岩出市立根来小学校
Affiliate
著者 武田 鉄郎
チョシャ タケダ テツロウ
Author TAKEDA Tetsuro
所属 和歌山大教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
Keywords
道徳
合理的配慮
障害理解教育
見えない障害
授業のユニバーサルデザイン
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Abstract

近年、共生社会の実現に向けたインクルーシブ教育システム構築のために、交流及び共同学習の実施が推進されている。交流及び共同学習における合理的配慮の提供のためには、まわりの子どもたちの障害への理解が必要不可欠であると考え、本研究では障害理解の発達段階をもとに、小学校6 年間の系統性を考慮した障害理解教育の全体計画を作成し、道徳の時間を活用して、3 年生と6 年生で授業実践を行った。今回の授業では、この全体計画をもとに教材や発問等の工夫とともに、ユニバーサルデザインをより一層意識することで児童の学習意欲を高めることを大切にした。その結果、多くの子どもたちが障害理解の発達段階の「気づき」の段階に到達することができた。また、まわりの子どもたちに理解されにくい見えない障害(発達障害)の理解教育についても取り扱い、その有効性を検証した。

Text Version
publisher
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved