理科教員を目指す大学生の小中学校における地学分野における実験・観察の体験と課題

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3407
FullText URL
DOI
Language
jpn
Set
和歌山大学
Journal Title
和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究
ISSN
2432678X
NCID
AA12779311
Volume
2
Order
24
Start Page
185
End Page
194
Published Date
2018-03-23
Title
理科教員を目指す大学生の小中学校における地学分野における実験・観察の体験と課題
Title Transcription
Title Alternative
An experience and problem of an experiment, the observation of the field of earth science in the elementary and junior high school of the university student to be a science teacher
Authors
著者 此松 昌彦
チョシャ コノマツ マサヒコ
Author KONOMATSU Masahiko
所属 和歌山大学教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
Keywords
地学教育
学習指導要領
実験・観察
岩石分類
ICT
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Abstract

大学生に小中学校時代の地学分野の実験観察についてアンケート調査を行った。その結果、小学校では3年、4年時の実験などの記憶が多いのに、中学生においては地質関係や天文関係の実験の記憶が多くなる。また岩石の分類をアンケート調査時で行ったが、堆積岩や火成岩の分類はわりとできたが、変成岩はできていない。地学分野は中学生レベル以降、知識が増えていない可能性がある。そのために和歌山県にある南紀熊野ジオパークなどの教材などを利用することによって、教師たちが地域の自然などを考えるための指導案を検討することが重要になる。

Text Version
publisher
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved