ID 3321
FullText File
Title Alternative
The accompaniment way of <Oborozukiyo> which becomes clear by the declamation
Authors
山名 敏之
DOI
Journal Title
Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. Humanities science
ISSN
1342582X
NCID
AN00257999
Volume
68
Issue
2
Start Page
49
End Page
54
Published Date
2018-02-23
Language
jpn
Abstract
3拍子アウフタクトの拍節を持つ《朧月夜》については、一般的に無理に日本語をあてはめて、日本語のリズム感や自然なフレーズ感をこわしてしまっていると考えられている。本稿では、この定説に疑問を投げかけ、①現在では高野辰之と岡野貞一のコンビによる作品として認識されている本作品に対し、そもそも小学唱歌教科書編纂委員会が合議制であったことについて再認識し、歌詞委員主任であった吉丸一昌の論考を合わせ読むこと、②岡野貞一の作曲法に影響があったと考えられる、彼のオルガニスト奏者・聖歌隊指導者としての経験について再考すること、③前記①と尋常小学唱歌において学年を追うごとに増えていくアウフタクトと松葉の強弱記号との相関関係を探る、以上3点を踏まえつつ《朧月夜》についての新たなデクラメーション解釈を提示するとともに、その伴奏法について明らかにした。
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Text Version
publisher