ID 3490
FullText File
Title Alternative
The relationship between procrastination in academics and personality traits of university students
Authors
YAMAMOTO, Ryohei
DOI
Journal Title
Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. Educational science
ISSN
13425331
NCID
AN00257966
Volume
69
Start Page
51
End Page
57
Published Date
2019-02-08
Language
jpn
Abstract
本研究では大学生117名に対して、遅延傾向(課題を先延ばしにする傾向)を測定する 「課題先延ばし行動傾向測定尺度」「学業遅延傾向尺度」「レポート課題着手日に関する質問」と、個人の性格特性を測定する「自己効力感尺度」「競争的達成動機尺度」「YG性格検査(下位尺度5つのみ)」を実施して、両者のあいだの相関について分析を行った。その結果、「自己効力感」が高い者は遅延傾向が低いこと、「一般的活動性」が高い者は学業遅延傾向は低いこと、「神経質」な者は遅延傾向が高いことなどが明らかになった。
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Text Version
publisher