ID 3540
FullText File
Title Alternative
DEVELOPMENT OF A SYSTEM THAT AUTOMATICALLY PROVIDES DISASTER PREVENTION INFORMATION TO TOURISTS AT THE TIME OF WEB BROWSING
Authors
SAKAMOTO, Masaki
RITCHIE, Brent
DOI
Journal Title
Research reports of the Center for Education and Research of Disaster Science, Wakayama University
ISSN
2432762X
NCID
AA12781991
Volume
3
Start Page
24
End Page
31
Published Date
2019-02-01
Language
jpn
Keywords
防災情報
観光客
受動的情報提供
Abstract
日本は毎年,数多くの人が観光をしているが,地震や台風などの自然災害が起きやすい国でもある.観光地などの普段訪れることのない場所での被災は,どこに避難すればよいか分からない,どのような災害が起こりやすいか分からない,といった要因から混乱を拡大するおそれがある.そのため,観光客を対象とした防災支援システムが必要である.しかし,観光に行く前に観光地付近の防災情報まで調べる人は少ない.防災への関心が低い観光客が,防災支援システムを能動的に利用することは少ないと考えられる.そこで我々は「防災情報にさらされる」というコンセプトを提案し,その実現例として本システムDi-sarasuを開発した.本システムは,観光客がWebサイトで観光情報を閲覧した際に,その観光情報に対応する防災情報を付加する.本システムの目的は,防災に対する関心が低い観光客に防災情報を届けることである.そのため,本システムは(1)受動的に防災情報を提供するWebユーザのWebページ閲覧を妨げない,といった設計方針で開発している.本稿では,本システムの概要と,実験の結果について述べる.
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Text Version
publisher