ID 3560
FullText File
Title Alternative
Development of Japanese language class that can be leaned subjectively by children who are not conscious of Japanese language classes : Through an attractive unit learning concept
Authors
MIYAWAKI, Jun
DOI
Journal Title
Graduate School of Teacher Education Wakayama University bulletin of Course Specializing in Professional Development in Education
ISSN
2432678X
NCID
AA12779311
Volume
3
Start Page
129
End Page
141
Published Date
2019-03-25
Language
jpn
Docuemnt Type
研究報告・ノート
Keywords
きつねの窓
単元構想
ファンタジー教材
苦手意識
主体的な学び
Abstract
対話的な学びへと向かう上で必要不可欠となる「主体的な学び」へと児童を導くために、児童の興味・関心を丁寧にみとり、学習指導に生かすことを心がける国語科の授業づくりについて、ファンタジー教材「きつねの窓」を扱った5 時間のミニ単元を通して検証を行った。目的意識を持続させることによって、意欲的に学びに参加させることはできたが、児童にとって必然性のある対話を授業の中にどう位置づけていくかは依然課題である。
Content Type
Departmental Bulletin Paper
Text Version
publisher