ID 3405
フルテキストファイル
その他のタイトル(欧)
Qualitative Research on How to Support for A Student with Developmental Disabilities
作成者
橋爪 順子
DOI[info:doi/]
掲載誌名
和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究
ISSN
2432678X
NCID
AA12779311
2
開始ページ
169
終了ページ
177
発行日
2018-03-23
本文言語
日本語
キーワード(和)
注意欠如・多動症
エピソード記述
学級担任
指導・支援のあり方
抄録(和)
発達障害を伴う男子生徒に対して、学級担任の立場から、1 年間、学習支援と心理的支援を行ってきた。その中での印象的な出来事を、エピソード記述を用いて考察することで、生徒の支援の過程や生徒の支援の在り方について注目した。男子生徒は、発達障害に伴い、人とのコミュニケーションがうまくいかず、ストレスを抱え込んでしまう。特に学校生活でクラスメイトとのコミュニケーションなどで抱えるストレスが大半を占め、感情のコントロールができにくくなっていた。このことから、学級担任である立場から学級経営も念頭に入れながら、生徒を支援していく重要性が明らかになった。
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版者版