和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究 1
2017-03-21 発行

初任者の指導の改善に活かすための「授業評価シート」の開発

Development of "Lesson Evaluation Sheet" to Improve Their Lesson Skills
フルテキストファイル
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
開始ページ
25
終了ページ
34
キーワード(和)
初任者研修プログラム
初任者
授業実践力
授業力向上
授業評価シート
和歌山大学教職大学院
抄録(和)
初任者教員の授業実践力を向上させるためには、自己の授業実践力レベルの把握や、より高いレベルを目指すための客観的な指標が必要である。和歌山大学教職大学院にて実施している「初任者研修プログラム」では、初任者指導の充実を図るために「授業評価シート」を開発した。実際に、初任者教員の授業観察時に活用することで、授業実践力の可視化を可能としたり、様々な立場の指導者側の共通理解を得ることにつながった。しかしながら、その評価の客観性や実際の授業力の向上に活かすためには様々な課題が浮き彫りとなり、更なる授業評価項目の見直しや授業評価シートを活用した指導上の工夫が求められることとなった。
著者版フラグ
出版者版