和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究 4
2020-03-25 発行

「深い学び」の鍵となる「数学的な見方・考え方」を働かせる授業とは : 資質・能力を育成する小学校算数の授業改善

In order to Realize Deeper Comprehension by Using the Mathematical Perspective andThinking at Lessons
フルテキストファイル
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
開始ページ
9
終了ページ
19
記事種別(和)
特集論文
キーワード(和)
深い学び
数学的な見方・考え方
~に着目させる
小学校算数
抄録(和)
平成29年3月に小・中学校の新学習指導要領が告示され、算数・数学科においても、日常の事象や数学の事象について、「数学的な見方・考え方」を働かせ、数学的活動を通して、問題解決するよりよい方法を見いだしたり、意味の理解を深めたり、概念を形成したりするなど、新たな知識・技能を見いだしたり、それらと既習の知識と統合したりして思考や態度が変容する「深い学び」を実現することが求められている。そこで、その「深い学び」を実現するための鍵となる「数学的な見方・考え方」を児童生徒に働かせることができるような授業に近づけるための学習活動の構想を示した。
著者版フラグ
出版者版