Only oneを創る : 和歌山大学オンリー・ワン創成プロジェクト報告書 2011
2011-01-01 発行

医療用高分子マイクロマシンの開発

Development of Micro Machine for Medical Use
越本 泰弘
安積 欣志
フルテキストファイル
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
開始ページ
35
終了ページ
53
抄録(和)
我々がこれまで培った高分子アクチュエータ技術と微細加工技術を融合し、安全で高機能な医療・福祉用高分子マイクロマシンを開発することを目的とした。まず、マイクロマシン駆動装置としての高分子アクチュエータ(イオン導電性高分子アクチュエータ、電子導電性高分子アクチュエータ、誘電エラストマアクチュエータ)の発生力向上や動作環境の改善などを図った。さらに、同アクチュエータと微細加工技術とを融合し、低侵襲医療用のマイクロ能動カテーテル、経皮薬物送達用のマイクロニードルアレイ、人工水晶体やカプセル内視鏡に応用可能な可変焦点レンズの要素技術開発を行った。
著者版フラグ
出版者版