ID 3342
フルテキストファイル
その他のタイトル(欧)
Effectiveness of “Play” Activities which are Developed from Children’s Tweets : Clued from the Practice of “Ichipika Project”
作成者
西端 幸信
DOI[info:doi/]
掲載誌名
和歌山大学教育学部紀要. 教育科学
ISSN
13425331
NCID
AN00257966
68
2
開始ページ
101
終了ページ
107
発行日
2018-02-23
本文言語
日本語
抄録(和)
本稿は、小学校低学年児童の生活の中心をなす「遊び」は、人間の主体性の確立の根幹となる活動であり、子どもの成長にとって、大きな意味をもっていること、幼児教育と小学校教育をつなぐ生活科のスタートプログラムとして、最も重要な要素であることを考察し、和歌山市立小学校で実践された生活科単元「いちぴかプロジェクト」取り組みから、2学期の実践に基づく「いちぴかプロジェクトの実践Ⅰ」および3学期の取り組み「いちぴかプロジェクトの実践Ⅱ」の考察を通して、「遊び」活動の有効性を実践に即して明らかにしたものである。
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版者版