ID 3500
フルテキストファイル
その他のタイトル(欧)
Study on improving lifestyle habits program of elementary school students by PDCA cycle
作成者
家倉 智貴
山口 奎
本山 司 東亜大学人間科学部
河村 愛美 岬町立深日小学校
岡田 良平 岬町立深日小学校
長根 わかば 岬町立深日小学校
本山 光
DOI[info:doi/]
掲載誌名
和歌山大学教育学部紀要. 教育科学
ISSN
13425331
NCID
AN00257966
69
開始ページ
147
終了ページ
154
発行日
2019-02-08
本文言語
日本語
抄録(和)
本研究ではPDCAサイクルにより子どもたちの生活習慣の改善プログラムを施行した。その結果、起床時間、1日のメディア使用時間、就寝時間、朝食の摂取、運動時間の項目で有意に改善し、本研究の指導プログラムの有効性が明らかになった。今後、子ども個人の指導をしっかりとしていくこと、さらに本研究で行った生活習慣指導プログラムを長期的な展望の中で継続的に行い、相応しい生活習慣の定着を目指して学校と家庭とが協働で取り組んでいくことの重要性が明らかとなった。また生活習慣の改善することで体力の向上のみならず、集中力が高まる傾向がみられた。すなわち、生活習慣の改善は学力や体力の両面で効果が期待できる可能性が考えられる。
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版者版