ID 3501
フルテキストファイル
その他のタイトル(欧)
Study on the practice and effect of basic motility abilities improvement program for elementary school students
作成者
山口 奎
家倉 智貴
本山 光
本山 司 東亜大学人間科学部
岡田 良平 岬町立深日小学校
長根 わかば 岬町立深日小学校
河村 愛美 岬町立深日小学校
DOI[info:doi/]
掲載誌名
和歌山大学教育学部紀要. 教育科学
ISSN
13425331
NCID
AN00257966
69
開始ページ
155
終了ページ
162
発行日
2019-02-08
本文言語
日本語
抄録(和)
本研究は、体育授業時間以外の放課後を中心とした運動遊びのプログラムを実施し、基礎運動能力の向上と子どもの運動意識の変化について調査を行った。その結果、基礎運動能力である走・跳・投能力の中で、1年生ではソフトボール投げ、2年生では50m走で有意な向上が認められた。男子においては外遊びの実施回数とソフトボール投げとの間で正の相関関係が認められた。また、運動することに対して肯定的に捉える児童が増え、外遊びを意欲的に取り組む児童が増加していた。以上のことから授業時間以外に実施した短期間の運動遊びプログラムは基礎運動能力を高め、さらに運動に対する意識の向上に有効であることがわかった。しかしながら今後、体育の時間で動作の習熟を踏まえて放課後の運動遊びの工夫や指導が重要になると考える。
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版者版