ID 3382
フルテキストファイル
作成者
本文言語
日本語
抄録(和)
1585年太田城の水攻めに至る紀州惣国太田衆の戦いを寸劇で描いた(太田城こども祭)。マセンナ(摩仙名尼)という伝説的女性英雄が、①鉄砲衆と水軍、②言葉戦い(情報戦)、③大自然の力(神獣タケノコマン)を味方にして秀吉軍を翻弄するという紀州惣国の強さの秘訣を描いた。この敗北のあとをうけて、秀吉は空前絶後の規模で「神殺し」の水攻めを実施することになる。(この作品は2017の太田城慰霊祭(2017.4.23)に和歌山大学海津ゼミ有志によって野外公演されたものを、光橋いぶきが編集・監督したものである)
資料タイプ
教材
著者版フラグ
出版者版
分類(和歌山関係論文)
200 歴史