愛着障害・社交障害・発達障害への「愛情の器」モデルによる支援の効果 : 愛着修復プログラム・感情コントロール支援プログラムの要点

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/2152
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
和歌山大学教育学部教育実践総合センター紀要
NCID
AA11806940
24
並び順
04
開始ページ
21
終了ページ
30
発行日
2014-09-19
標題(和)
愛着障害・社交障害・発達障害への「愛情の器」モデルによる支援の効果 : 愛着修復プログラム・感情コントロール支援プログラムの要点
標題(ヨミ)
標題(欧)
Effect of support to children with Attachment Disorder, Social Engagement Disorder or Developmental Disorders based on "Receptacle of Affection Model" : the Essential Points of Attachment Restorer Program and Emotional Control support Program
作成者
著者 米澤 好史
チョシャ ヨネザワ ヨシフミ
Author Yonezawa Yoshifumi
所属 和歌山大学教育学部心理学教室
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
キーワード(和)
愛着障害
社交障害
発達障害
愛着修復
感情コントロール
「愛情の器」モデル
保護者支援
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved