ドイツ・ナチス時代のツーリズム事情について : ドイツ・ツーリズム史のための一章

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3256
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
経済理論
ISSN
04516222
NCID
AN00071425
389
並び順
03
開始ページ
59
終了ページ
78
発行日
2017-09-01
標題(和)
ドイツ・ナチス時代のツーリズム事情について : ドイツ・ツーリズム史のための一章
標題(ヨミ)
標題(欧)
Evaluating Tourism in Nazi Germany
作成者
著者 大橋 昭一
チョシャ オオハシ ショウイチ
Author OHASHI Shoichi
所属 和歌山大学名誉教授
Affiliate Professor Emeritus, Wakayama University
キーワード(和)
ナチス時代ツーリズム
ドイツツーリズム
マスツーリズム
キーワード(欧)
Nazi typed tourism
German tourism
mass-tourism
資料タイプ
紀要論文
抄録(欧)

If tourism in the Nazi period in Germany is seen as one stage in the development of mass tourism, then one issue in tourism research is how to evaluate tourism in Germany at that time. In line with the theory of the German business-economist Erich Gutenberg, this paper proposes that two factors should be identified, that is, relevance to the regime and irrelevance to the regime. While the former is grounded in the historical circumstances of the Nazi period, the latter pertains to mass tourism in general.

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved