ダウンロード数 :? 件(過去1年分の合計)
ID 4236
フルテキストファイル
その他のタイトル(欧)
Apology and acceptance in American TV dramas
作成者
梅田 礼子 クロスカル教育機構(教養・協働教育部門) 和歌山大学研究者総覧
DOI[info:doi/]
掲載誌名
和歌山大学クロスカル教育機構研究紀要
ISSN
24336130
NCID
AA12815903
2
開始ページ
78
終了ページ
99
並び順
06
発行日
2021-03-25
本文言語
日本語
キーワード(和)
謝罪
受け入れ
コミュニケーション
ポライトネス
キーワード(欧)
apology
acceptance
communication
politeness
抄録(欧)
This paper observes some examples of apologizing acts from American TV dramas by using Speech Act model suggested by Suszczyńska (1999) and recommends using TV dramas in English teaching. Apologizing is a communication act which tries to maintain or protect harmonious relations between the speaker and the hearer. In foreign language education and learning, it is important to teach/learn the procedure of such a speech act, including the behavior of the hearers.
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版者版