発達障害のある生徒に対する支援の在り方についての質的研究

( 最大 2000 件 )
URI http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/metadata/3405
フルテキストURL
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
区分
和歌山大学
掲載誌名
和歌山大学教職大学院紀要 : 学校教育実践研究
ISSN
2432678X
NCID
AA12779311
2
並び順
22
開始ページ
169
終了ページ
177
発行日
2018-03-23
標題(和)
発達障害のある生徒に対する支援の在り方についての質的研究
標題(ヨミ)
標題(欧)
Qualitative Research on How to Support for A Student with Developmental Disabilities
作成者
著者 橋爪 順子
チョシャ ハシズメ ジュンコ
Author HASHIZUME Junko
所属
Affiliate
著者 衣斐 哲臣
チョシャ イビ テツオミ
Author IBI Tetsuomi
所属 和歌山大学大学院教育学研究科教職開発専攻
Affiliate Graduate School of Teacher Education, Course Specializing in Professional Development in Education, Wakayama University
著者 谷尻 治
チョシャ タニジリ オサム
Author TANIJIRI Osamu
所属 和歌山大学大学院教育学研究科教職開発専攻
Affiliate Graduate School of Teacher Education, Course Specializing in Professional Development in Education, Wakayama University
著者 武田 鉄郎
チョシャ タケダテ ツロウ
Author TAKEDA Tetsuro
所属 和歌山大教育学部
Affiliate Faculty of Education, Wakayama University
キーワード(和)
注意欠如・多動症
エピソード記述
学級担任
指導・支援のあり方
資料タイプ
紀要論文
抄録(和)

発達障害を伴う男子生徒に対して、学級担任の立場から、1 年間、学習支援と心理的支援を行ってきた。その中での印象的な出来事を、エピソード記述を用いて考察することで、生徒の支援の過程や生徒の支援の在り方について注目した。男子生徒は、発達障害に伴い、人とのコミュニケーションがうまくいかず、ストレスを抱え込んでしまう。特に学校生活でクラスメイトとのコミュニケーションなどで抱えるストレスが大半を占め、感情のコントロールができにくくなっていた。このことから、学級担任である立場から学級経営も念頭に入れながら、生徒を支援していく重要性が明らかになった。

著者版フラグ
出版者版
Copyright(C)2011- Wakayama University. All Rights Reserved