和歌山大学教育学部紀要. 教育科学 68 2
2018-02-23 発行

岸本裕史のライフヒストリー研究(I) : 基礎学力形成の教育実践の「定型」の成立過程を中心に

The Life-historical Approach to Hiroshi KISHIMOTO (I)
船越 勝
フルテキストファイル
DOI[info:doi/]
本文言語
日本語
開始ページ
87
終了ページ
100
キーワード(和)
岸本裕史
基礎学力
ライフヒストリー
抄録(和)
本論文は、戦後教育実践史において100ます計算など、落ちこぼれを生まず、確かな学力を育てる「基礎学力形成の教育実践」で大きな成果をあげた岸本裕史氏の教育実践の「定型」の成立過程をライフヒストリー研究の方法論に基づき行ったものである。本稿では、第3期の確立期までの分析と考察を行った。
著者版フラグ
出版者版